春分(しゅんぶん:3月21日頃)

作者からのコメント

「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」とされる春分の日。昼夜の長さがほぼ同じになり、この頃を境に昼が長くなっていきます。子どもたちにとっては、新しいお友達と出会う頃。開花し始めた桜の花と、生き物たちと共に過ごす春の始まりを描いたイラストです。